抱っこの方法に悩んでる方に大人気の辻直美先生「まぁるい抱っこ」スリング講座に行ってきました

まあるい抱っこの本

我が家の息子もはや7ヶ月を超え、抱っこが重たくなってきました笑

最近のお出かけはもっぱらベビーカーです。

ですが、まだ歩いたりできない息子はベビーカーより抱っこの方がまだ好きみたいです。

抱っこが暑かった夏を過ぎて、段々寒くなってくると密着している抱っこがより愛おしく幸せな気分になりますよね。

スポンサードリンク

出産したての頃、先輩ママから「辻直美先生のまぁるい抱っこがいいよ。」

と教えてもらいました。初めて聞いたので誰かもわからずすぐにググってみると、「3秒で泣き止むまぁるい抱っこ」ってやつね〜と。

しかもまあるい抱っこだとすぐに寝てしまう子もいるんだとか。

ますます気になります!月齢が浅い頃って理由が分からず泣き止まないことって1回や2回はあったと思います。

新米ママだと特に焦りますよね〜。わたしもそうでした。

是非、うちも息子の為にも習いたい!!

と思い直ぐに講習会の予約をしようと思いました。

が!!とても人気過ぎて予約が全く取れず泣

しかも、1回少人数制(8人くらい)なので予約は一瞬で埋まってしまいます。  

辻先生は関西の方なので関西方面の講習会は多いそうですが関東方面は少ない。

毎月トライするも中々講習会の予約が取れずにいましたがつい先日、予約が取れたんです!!

もうかなりの喜びですよ♡

ぶっちゃけわたしは、人見知りの自己アピールが下手な人間なので、バリバリ関西系のノリの辻先生は苦手なタイプです苦笑

それでも辻先生の抱っこを学びたかった!

特にスリングの使い方が1番習いたかったんです。なぜなら、スリングでスヤスヤ眠る赤ちゃん達をユーチューブで見てしまったら是非、うちの子もスヤスヤ眠らせてあげたい!!ってしまったんですもん。

どうして彼女の講座は開催発表されたらもう即、一瞬で埋まるほど人気なのか気になりますよね。

 

辻直美先生ってどんな人?

もともと正看護師をされていた方で、整形外科、内科、産婦人科、救急などで勤務されたのちに上海で医療提供活動に従事されていました。

その後、地下鉄サリン事件の救命救急や東日本大震災、御嶽山噴火災害などの被災地で活躍されています。

近年で有名になったのは森三中の大島さんがブログなので紹介してからだそうです。

辻直美先生はご自身の育児や介護がきっかけでスリングと出会い商品化。

そのスリングを使ったベビーの抱き方や素手での抱き方、親としてのあり方などを全国を飛び回り講演会や講習などで伝えてらっしゃるんですね。

この抱っこ方法だと泣きじゃくってた赤ちゃんが一瞬で泣き止んだり、まるで魔法にかかったような状態になるため、育児に悩むお母さんたちに大反響なんです。

 

スリングとはどんなものか?

スリングとは色んなメーカーのものがありますが、アメリカでは一般的な抱っこする時に用いるものです。日本では街中でたまーに見かけますが殆どの人がエルゴなどの抱っこ紐ですね。

スリングは大きな1枚の布で出来ていて、使い方次第で様々な抱き方が出来ます。ベビーを抱っこする事の他にも様々な用途があり、医療の現場や介護にも使われています。

スリングのメリット

  • 密着度が高い
  • 持ち運びする際に軽い
  • 人とかぶらない
  • 持ち運ぶ際に軽いしかさばらない

デメリット

  • 使用方法が難しい
  • 正しく使用できていないと腰や肩が痛い
  • 正しく使用できないと安全性が保たれない

写真は辻直美先生のスリング講座の際にスリングで抱っこした時のものです。

スリングで抱っこ

辻先生のスリングは100キロまで耐えれますが想像よりも薄い布でびっくりしました。

スリングで抱っこ2

息子のどアップです。息子の頬っぺたの辺りに指がありますがこれは手ではなくて足の指です。

これ!すごくないですか!!

子供は本当に体が柔らかい、しかもこの体勢スリングの中でどうなってるの?とう感じですよね。

スリングを使用してみた感じとしては、片側の肩で支えているのですぐに疲れそうとうイメージがありましたが実際につけてみると全く辛くありません。

逆に重さが上のほうにかかるので重さを感じませんでした。

スリングは肩で支えるだけですが、負担はエルゴなどの抱っこ紐とあまり変わらないんじゃ?!

ちなみに、スリングは使い方が下手だとすぐに疲れてしまって使い難いそうです。

講習

写真は講習中の写真です。

今回の講習はスリングの使い方の講座だったので、流れとしてはひたすらスリングの使い方を勉強します。

トイレに行っている暇はありませんよ笑

最初の受付の際に初めての人はテキストを購入します(¥800)。

講習中はテキストをみながら進めるのではなくひたすら自分が練習している時、同じ生徒さんが練習している時、見ながらどこを注意されているかどこが悪いのかとにかく見ながら覚えます。

テキストです↓

テキスト

今回の講習ではスリングの使い方の講座でしたのでスリング以外は教えていただけないのですが、時間が3時間と長いので赤ちゃん達は授乳したりオムツを替えたりしても大丈夫でした。

辻先生は、生徒さんが気になる授乳の仕方をしているとその場でアドバイスをくださいこれ、他の生徒さんがアドバイスをされている時も聞き耳立ててると結構参考になる!!

ちなみに、私はオムツのつけ方を直していただきました。

詳しい授乳の仕方、オムツのつけ方、抱っこの仕方やスリングの使い方まで最近出版された先生の本に書いてあります。こちらも読破しましたがかなり参考になりますよ。

まあるい抱っこの本

DVDには抱っこの仕方やスリングの使用方法も入っています。

こちらの本を読むだけでもかなり参考になりますが、実際に先生に直接教えていただいたほうが断然吸収が早い!

そして、辻先生のスリングの講習を受けると先生のスリングが欲しくなります。

ですが、もちろん販売はされていますが1つ1つ手作りで大量生産ができない為になかなか買えないのが残念なところですね。

↓辻先生のスリング
Baby Sling alma de amma

わたしも発売する時に何度もチャレンジしていますが300本が発売開始から3分で完売になったりしてしまうので中々買えません。

毎回次こそは!と狙っています。

どうしても、辻先生のスリングが買えないのなら他ので代用してみて出来ないものか?
と思い調べてみました。

 

スリングを買う際のオススメなポイント

実はわたしは辻先生のスリングではないですが他社のスリングを1つ持っています。だいぶ布がしっかりしていて辻先生のスリングに比べると布が分厚いものです。

布がしっかりしていて破けなそうな所は良いですが、分厚い為にかさばりますし、細い調節が出来ない為にぶっちゃけ使いにくい。

使おうと装着してみて数回試して1回上手く抱っこできるかなくらいの使い辛さです。

私が思うスリングを買う際の1番のオススメポイントは以下3点かなと思います。

  • 布が薄く出来ていて、耐久性があること
  • リングつきスリングを選ぶ
  • 日本製

布が厚いものはリング部分で細かい調節ができないので使い難いです。

そして、リングなしのスリングも調節がアバウトなのでオススメしません。

品質としてもやはり日本製の縫製のほうが安心かと思うのでスリングをお探しの方は参考にしてみてください。

 

講習にいってみての感想

今回の講習はスリングの使い方を習うものでしたが辻直美先生の講習には沢山の種類があります。他の講習はまだ行けていませんが、他の講習も行ってみたいと思っています。

出産してから育児は自分なりに一生懸命頑張ってきていましたが、息子は常に快適だったのだろうか?と考えさせられた講習でした。

泣かれると困るから抱っことか、泣かれると困るから授乳するとかしてしまっていることが結構あるな。と感じ反省をしました。

泣いているならなぜ泣いているのかわかってあげられる母になりたいと心から思います。
赤ちゃんは泣くことしかできないので赤ちゃんにとって泣くことが赤ちゃんのコミニュケーションの取り方です。

赤ちゃんの立場で考えてみることを忘れずに楽しみながら育児をしていきたいと思います。

辻先生の講座の内容は知らなくても育児に支障がある訳ではありませんが、知っていればより、我が子との関係性が密になる様な気がします。

なかなか講座の予約が取れない大人気の辻先生ですが皆さん是非行ってみてくださいね。

 

※追伸

ちなみに、わたしは今はエルゴのオーガニックタイプを使っています。もちろん使いやすいし気に入っています。

抱っこ紐選びにはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

ままはっく
【まとめ】新生児から使える人気抱っこひもランキング10選【口コミ】

エルゴオーガニックを使ってみて、うちの息子は標準より小さめでだったのである程度の月齢になるまでお尻の下おしりふきやタオルを入れて使っていました。
そのまま使ってしまうと顔が埋もれてしまう為です。7.5キロになった今はそのまま使っています。

エルゴの新商品アダプトは細かい調節ができるので小さめの赤ちゃんにはオススメかもしれません。

我が家もアダプトが欲しかったな〜と思っている今日この頃です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA